繊研新聞 “woadblue 19春夏”

繊研新聞(8/31)にて“woadblue ”の2019春夏コレクションが紹介されました。

2019春夏のコンセプトは「-Beautiful Misstake-」

従来のデニムにはなかったデザイン、ディティールを多数加えたコレクションになっています。

 

―woadblue―

2016 年春夏シーズンよりスタートしたデニムブランド<woadblue/ ウォードブルー>。
ブランド名に冠されたwoad(ウォード)とは、藍と同様の青色色素で、中世ヨーロッパで栽培されていた現存する世界最古の染料と言われています。
長い歴史で培われてきたデニムの伝統を守りつつ、新しい“ブルーへの挑戦”を試み、
エレガンス、エフォートレス、ニュークラシック、をコンセプトに新素材の使用、新しいスタイル、新しいスタンダードを提案します。