“ブルーへの挑戦”「woadblue」とは

プレスの成清です。
本日より、YAMATWO で展開する様々なブランドの情報をお伝えしてまいります。
よろしくお願いいたします!

 

1発目である本日は、2016年春夏シーズンにスタートしたデニムブランド「woadblue」についてのお話。

 

Woadblueは、長い歴史で培われてきたデニムの伝統を守りつつ、新しい“ブルーへの挑戦”をブランドコンセプトに誕生。
ヨーロピアンヴィンテージスタイルを表現しています。

 

 

ブランド名に冠されたwoadとは、藍と同様の青色染料で中世ヨーロッパで栽培されていた
現存する世界最古の染料と言われています。

ブランドディレクターにはドクターデニム ホンザワの本澤裕治氏を起用。
同時に、長年デニムの加工に携わってきたランドリースペシャリストも迎え、
これまでにないブルーの発色を追求し、ヨーロピアンビンテージスタイルでモード感のある
コレクションに仕上げています。
 
ブランドコンセプトでもある“ブルーへの挑戦”とは、新素材の採用、従来にないシルエットを提案する“世界で一番新しいブルー”。
そして、日本が世界に誇る職人による手染め藍染め加工などを用いた“世界で一番旧いブルー”。
その両軸を武器にかつてない新しいブルーの世界を追求していきます。
 
オーセンティックでメンズライクなシルエットは、今までにないデニムブランド。
 
次の回では、2017Spring&Summerのコレクションについて
そしてLOOK BOOK の撮影秘話などお伝えしてまいります!
 
よろしくお願いいたします!
「woadblue」Instagram
https://www.instagram.com/woadblue/