デザイナーDeepti Bassiは幼少期をインドで旅行しながら過ごし、インドの神秘的な世界観と多彩な色に刺激を受け、
2005年に当時6歳だった娘の提案でブランド名を“Waterlily”としてファーストコレクションを発表しました。
10代の頃から彼女は母の手芸道具を使って、独学で刺繍入りのハンドバックやポーチ、小物など作り、
友人や家族にプレゼントし、そのデザインはとても好評でした。
彼女が生み出すバッグはロマンティックでフェミニン、そしてヴィンテージライクなディテールも活かされた、遊び心あふれるデザインが特徴です。
都会で暮らす女性の様々なシーンに合わせたアイテムを提案しています。
アメリカではCalypso、Anthropologieなどで販売されており、世界中のファッショニスタを魅了しています。