2016年春夏シーズンにスタートしたデニムブランド<woadblue/ウォードブルー>。
ブランド名に使われているwoad(ウォード)とは、中世ヨーロッパで栽培されていた藍と同様の青色染料のことで、現存する世界最古の染料と言われています。

ブランドディレクターにドクターデニム ホンザワの本澤裕治氏を起用し、長年デニムの加工に携わってきたランドリースペシャリストも同時に迎え、
これまでにないブルーの発色を追求し、ヨーロピアンビンテージスタイルでモード感のあるコレクションに仕上げています。

ブランドコンセプトでもある“ブルーへの挑戦”とは、新素材の使用、従来にないシルエットを提案する“世界で一番新しいブルー”。
そして、日本が世界に誇る職人による手染め藍染め加工などを用いた“世界で一番旧いブルー”。
その両軸を武器にかつてない新しいブルーの世界を追及していきます。